Four on six フォー オン シックス

4 on 6とは、6本の弦に置かれた4本の指のことだそう。

この曲を作ったのはジャズギタリストたちにとっては"ネ申"なWes Montgomery. 

彼は、ピアノやベースに比べ、ジャズの世界では微妙な立ち位置だったギターを花形楽器に押し上げた立役者の一人で、彼らの活躍がなければ、GrooveMakersでShintoにソロが回ってくることもなかったかもしれません😁

​そしてこの曲、実はジャズの定番「Summertime」のコード(物凄くザックリいうと伴奏のための和音)をもじって作られたとか。言われてみると「ああ!」という感じです(音楽理論に強い方なら、言われなくても気付けるのかもしれません💦)。ぜひ、検証してみてください。