• 伊藤さやか

【M:I-X】 アドベントカレンダー(8)〜謎の拍手〜

初めてジャズバーに行った時、

演奏の真っ只中、

何きっかけが分からない拍手が、

それも変に短い拍手がパラパラとあって、びっくりしました。

とりあえず隣の人に合わせて拍手したけれど、正直、

「???」

でしたねえ。

だって、普通、拍手は演奏が終わった後じゃないですか?💦

それに少なくとも10秒くらいは拍手しませんか?💦💦

その拍手はせいぜい3秒くらいのそっけない拍手だったんです。

「この人たち、お客さんのふりをしているけど、

本当は演奏妨害しに来たライバルミュージシャンたち…?!」

 

とか、妄想が広がりかけたんですが、決してそんなことはなく、謎の拍手の正体は、曲中のソロ(Solo;独奏)への称賛。私が「なぜ今?!」と思った不思議なタイミングは、ソロが”終わりそう”なタイミングを狙って拍手をする為でした(この”終わりそう”の見極めがなかなか難しいのですが…)。妙に短いのは、次にソロを弾く人の演奏を拍手でかき消さない為。


ジャズは演奏中に音で会話をする事で有名ですが、かっこいいお客さんは拍手で演奏者と会話するんですね。ご参考までに、かっこいいお客さんが揃った回のYouTube映像を載せておきます☺️


ちなみに、ものすごく感動的なソロ、例えば、脳卒中で倒れたプレイヤーの復活公演でのソロなんかだと、10秒くらいの拍手が起きる事もあるそう。

そしてもちろん、演奏が心に響かなかったら、ソロだろうがなんだろうが無理に拍手はしなくて良いのです。

でも、凄腕のお客様になると、調子の出ないプレイヤーを拍手でのせちゃうから、びっくりです。世の中には特殊な技術を持った方たちがいらっしゃいますよねえ…!




xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

伊藤さやか&GrooveMakers特別企画【M:i-X】

《24桁のパスワードを入手し、クリスマスに本部へ潜入せよ》

パスワード8桁目は、下記の●に入る英小文字

「謎の拍手の正体は、S●loへの称賛」

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

クリスマスまで、あと17日。